続けられる!歯のケアを習慣化しよう!

歯ブラシだけでは不十分?プラスしたいケア方法

食後に簡単!すぐにでもできるケア方法

食後のケアとして、一般的なのは歯磨きですが外出中や昼間の忙しい時間帯などはなかなか歯磨きできなという方も多いのではないでしょうか?
そんな方におすすめしたい簡単なケアの一つ目は、食後にキシリトールを取ることです。コンビニなど身近なところで買うことのできるキシリトール入りのガムなどを食べるだけでいいんです。
キシリトールには虫歯の原因となる歯垢や酸を防いでくれるよう働きかける力があります。歯磨きできないときだけでなく、いつもの歯磨きにプラスしてキシリトールを摂ることで、さらに効果が期待できます。
食後にガムを噛むだけなら簡単にできますし、デザートなど甘いものの代わりにもなるのでダイエットとしても活用できて一石二鳥ですよね。
ガムの他にも、マウスウォッシュなどで口内を洗浄するのも効果があります。

しっかりケアしたい方へ!おすすめの方法

夜寝る前や、食後はきちんとケアしたいという方におすすめの方法をご紹介します。
まず、歯ブラシと並行して行ってほしいのが歯間ブラシや糸ようじなどで歯と歯の間の歯垢を除去することです。
歯と歯の間は歯ブラシだけでは届きにくくきれいにしづらい箇所です。実際、歯ブラシだけでは全体の6割程度しか磨けていないと言われています。
そのため、歯ブラシと並行して歯間ブラシや糸ようじなどを行うことが必要になってきます。
まず、糸ようじは歯と歯の間の歯垢を除去するために使います。なるべく手持ちのあるものを選ぶと使いやすいでしょう。
歯間ブラシは歯と歯肉の隙間をブラッシングします。ブラシの太さは様々なものがあるので自分の使いやすいサイズを選ぶようにしましょう。
またこれらのブラシ類は、毛先が開いてくるとブラッシングの効果が薄れてくるので、最低でも3か月に1回は交換するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る